グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

ローカルナヴィゲーションへ



ホーム > 学生レポート > インターンシップで日本の企業文化を学ぶ。

インターンシップで日本の企業文化を学ぶ。


マヒドル・イスラムさん
(バングラデシュ出身)
静岡大学大学院
総合科学技術研究科(工学専攻)修了
国内大手電機メーカーに就職

SDCPのサポートについて

来日時は日本語がほとんど分かりませんでしたが、SCDPのサポートもあり、研究と日本語学習を両立しながら、日本語能力試験3級に合格することができました。また、静岡大学で開催された企業交流会でプレゼンテーションする機会をいただき、さらに私は工学専攻でエンジンに興味があったので、自動車部品製造会社の採用担当者を紹介いただき、インターンシップが実現しました。

インターンシップについて

日本人の学生と一緒に5日間のインターンシップを体験しました。CADを使い、自分でデザインしたものを3Dプリンターで成型し、ものづくりの楽しさに触れられました。私はイスラム教徒なので豚肉が食べられないことや、決まった時間にお祈りをしたいことも柔軟に受け入れていただき、とても感謝しています。日本の企業文化に触れることができ、日本で働く不安を取りのぞけただけでなく、会社に適応しながら働いていける自信を持つことができました。