グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

ローカルナヴィゲーションへ



ホーム > 新着情報 > <私のインターンシップ> ゾーホージャパンインターンシップ参加者体験談

<私のインターンシップ> ゾーホージャパンインターンシップ参加者体験談


私のインターンシップ 
2月20日(水)~3月5日(火)に開催されたゾーホージャパンインターンシップに参加した留学生、日本人学生からメッセージが届きました。


ドー・ホアン・ヒエップさん (静岡大学 情報学部情報社会学科・アジアブリッジプログラム3年 ベトナム出身)

この度、株式会社ゾーホージャパンにインターンとして採用され、2週間のインターンシップに参加させて頂きましたが、私にとって貴重な経験になりました。
このインターンシップでの課題はゾーホージャパンのサービスを利用し、過疎化に直面している川根本町の地域おこしにつながる可能な解決策を作り出すことです。私は日本に留学している間に、日本の各地域が過疎化問題で悩んでいるという話を聞きましたが、今回のインターンシップで実際に川根本町に滞在し、地域の方々から話を伺うことで、その悩みを肌で感じられました。
今回、私とインド人留学生の二人と日本人学生の一人が4人のグループを組み、川根本町の役場に学生なりの解決策を提出しました。2週間があっという間でしたので、完璧な解決先を作り出せませんでしたが、役場の職員の方とゾーホージャパンの代表の方に自分たちの意見を受け入れて頂き、学生でも社会に「チェンジ」を与えられるという気持ちが強くなりました。そして、この機会を通して日本の過疎化問題、そしてその問題に関連する教育や仕事などの分野についての知識も身につけることができました。
最後に、国際的なグループで2週間、課題解決に取り組んだことにより、異文化場面におけるチームワークの経験にもなりました。



Dheeraj Negiさん (静岡大学 総合科学技術研究科・情報学専攻 インド出身)

The two-week internship that I undertook at ZOHO Japan Corporation involved learning about ZOHO's products and services along with providing technological solutions to the problems faced by Kawane-Honcho.

The internship gave me insight on how ZOHO’s products are useful for employees and management in an organization. I also got an opportunity to conduct a lecture at Kawane high-school, thus allowing me to interact with Japan's talented youth. I learned about the problems faced by towns in modern times and discussed about the plausible solutions. I gained a sense of Japanese working environment and witnessed the scenic beauty Kawane-Honcho offers. I am glad that I was a part of ZOHO’s community development project.



丸山健斗さん (静岡大学 工学部 数理システム工学科 日本出身)

今回、ZOHOジャパン株式会社へのインターンシップに留学生支援という形で参加させていただきました。留学生と一緒にインターンシップをしましたが、とてもいい経験になりました。
二週間のインターンシップはほとんど英語でコミュニケーションを行い,地域課題のソリューションや高校訪問の打ち合わせなどの話し合いをしました。今まで英語でコミュニケーションをとる機会は何度かありましたが実践的なビジネスの場では初めてでした。地域課題を話し合う中でなかなかみんなの話題についていけなかったり、自分の意見を伝えられなかったりと今までとは違うコミュニケーションの難しさを味わいました。
また、ZOHOジャパンではこれからの人材確保に外国人の方の雇用が重要であるとおっしゃっていました。これらの経験から、このインターンを通して英語の重要性を再確認させられました。

ZOHOジャパンの方もおっしゃっていたように、外国人を雇用する機会が増えてきていると思います。しかし、現状の日本では英語だけで仕事を行える会社は少ないでしょう。もっと英語でビジネスを行える日本人も必要であり、日本語でコミュニケーションを積極的にとる姿勢を持つ外国人の方も必要でしょう。留学生の皆さんは大学の頃から日本人とコミュニケーションをとりながら日本語を学べる状況にいると思います。お互いコミュニケーションを取り合いながら、社会で支えあえるような関係を作っていきましょう。


★★★
ヒエップさん、ネギさん、丸山さん ありがとうございました。

また、今回のインターンシップの記事が川根本町の「広報かわねほんちょう」にも掲載されております。
http://www.town.kawanehon.shizuoka.jp/chosei/4/2/kouhou2019/7328.html