グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

ローカルナヴィゲーションへ



ホーム > お知らせ > <私のインターンシップ> 謝 愛聰さん(中国出身)に聞く

<私のインターンシップ> 謝 愛聰さん(中国出身)に聞く


<HP>
私のインターンシップ ~信用金庫の職員になったつもりで~
静岡大学 人文社会科学研究科 経済専攻1年
謝 愛聰さん
<インターンシップ先>「しずおか信用金庫((株)礒駒海苔/静パック(有))」

 静岡大学人文社会科学研究科経済専攻1年の謝愛聰さんは金融機関への就職を目指し、しずおか信用金庫での2週間のインターンシップに参加しました。実際に信用金庫の方と接し、業務サポート部の仕事を体験したことで、インターネットや本などで調べてもわからないことを知ったり、就職に向けてのアドバイスを頂いたり、と、とても有意義な経験ができたそうです。

「自分は今、学生ではなく信用金庫に勤めているんだ」と思って取り組んだという2週間。謝さんの目標に向かって頑張る真剣な気持ちが伝わってきました。
・どのようにインターンシップを見つけたのですか。

修士課程を修了してから日本の企業に就職したいと思っており、インターンシップに参加して日本企業の仕事内容や職場の雰囲気を知りたかったからです。学部の時から経済学に興味があったので、これまで学んだ経済や金融の知識をどこで生かせるだろうかと考えると、やはり金融機関ではないかと思い、このインターンシップに参加しました。

2年目は修士論文もあって忙しそうなので、1年生のうちに参加しようと思いました。実は8月に東京で証券会社の1日だけのインターンシップに参加しました。会社の紹介を聞いた他、社内見学もして、証券取引の仕組みがわかるようになりました。ただ、1日だけでしたので、もっと長い期間インターンシップをしたいと思ったことも、このインターンシップに参加した理由の一つです。


・インターンシップではどんなことをしましたか。

このインターンシップでは信用金庫の顧客である2つの企業の課題に取り組みました。

磯駒海苔では、中国、ベトナムに業務展開を計画されているので、ホームページの内容を中国語にすることを任されました。日本語の説明をもう一名の中国人留学生と一緒に中国語に訳しました。普段は中国語で考えたことを日本語にすることが多く、日本語を中国語にする機会は少ないですし、ビジネス場面での翻訳は初めてでしたので、とても難しかったです。間違いがないように、二人で表現についてよく相談して翻訳しました。実際にそのホームページをアップして下さったので、大変やりがいがありました。インターンシップはあくまで仕事のシミュレーションだと思っていたので、本当に自分たちの作成したものを使ってくださったことで達成感を味わうことができました。

静パックでは、お茶の製品加工などについて初めて知ることができました。こちらでは「海外に充填工場を出す必要があるか」という課題について自分なりの答えを出しました。中国出身なので中国国内のお茶の消費量や中国人の好みなどを調べ、他国と人件費などの条件や経済状況を比較し、今現在中国に充填工場は必要ではないという結論を出しました。



・参加してよかったことは何ですか。

企業の課題や問題にアドバイスするという信用金庫のサポート業務を体験できたことがよかったと思います。普段、お金を下ろしたり預けたりすることはあるので窓口業務の仕事はなんとなくイメージできていましたが、その他の方々がどのような仕事をしているのかイメージできませんでした。今回、信用金庫の中には色々な仕事があり、企業の経営についてもアドバイスしていることを初めて知りました。将来中小企業支援の仕事をしたいと思っていたので、学生ではなく本当に信用金庫に勤務しているつもりで課題に取り組みました。

また、インターンシップでは信用金庫の仕事の概要を教えて頂いた他、金庫内も見学させて頂き、金融機関としての仕組みを維持するために、どのような仕事が行われているのかがわかりました。


・就職に向けてプラスになったことはありますか。

日本の金融機関でのインターンシップに参加するという一番の目的が達成できたと思っています。また金融機関を目指す私にとっては、就職に関してインターネットで調べてもわからないことを実際に働いている方から直接教えて頂けたことも、大変ありがたかったです。就活に向けてどんなことをしたらいいか、金融機関がどんな学生を求めているか、必要な資格はあるのか等、自分の疑問について丁寧に答えて頂けました。

インターンシップを担当して下さった信用金庫の方が学生時代にサッカーに打ち込まれていたということだったので、1つのことを一生懸命やる学生のほうが、私のように色々なことをやっている学生よりいいのだろうかと不安になって思い切って質問したところ、どちらのほうがいいということではなく、自分のやりたいことを一生懸命やればいいし、時間を無駄にしないように積極的に取り組めば大丈夫だとアドバイスして下さいました。



インターンシップに行って変化がありましたか。

社会人になるための第一歩を踏み出したように思います。社会人になるのは不安だったのですが、インターンシップで親切な方々と接し、不安が解消され、日本で就職しようという思いが強まりました。実はインターンシップ期間中に信用金庫の隣の部屋で若手職員の方の研修が行われているのを見ました。日本人だけの職場で働くことは人間関係や言語面の心配がありましたが、日本の企業ではこのようにしっかりと研修させてもらえることがわかり、それなら自分も頑張ればできるのではないかと思いました。

また、信用金庫含め、三つの企業で色々な方々と接し、大変刺激を受けました。磯駒海苔では社長が会社の経営者としてホームページ作成にも力を入れ、色々勉強していらっしゃることを伺いました。卒業したら勉強は終わりではなく、勉強し続けるという意識が必要だということを学びました。今後、修士論文の内容を考えながら、同時に企業研究や就職の筆記試験の準備をしていこうと思います。



・まだインターンシップに行ったことがない友達や後輩にアドバイスをお願いします。

日本で就職するつもりがあるかないかに関わらず、インターンシップでの経験があることは有利ではないかと思います。仮に帰国して就職するにしても日本企業の雰囲気を知っていることは決して無駄にはならないと思います。せっかく日本に留学したのだから、インターンシップに参加して日本企業について学ぶのは大切なことではないでしょうか。

謝さん、ありがとうございました。



◆インターシップ先のしずおか信用金庫様よりコメントをいただきました。

<謝さんへのメッセージ>

今回当金庫で実施させていただいたインターンシップは、静岡大学様と平成28年度より共催している、地元の企業と学生をつなぐ「インターナショナルミーティング」が機会となっています。当金庫においても初めての試みとなりましたが、取引先様のご協力もいただいて、参加してくださった学生さんがコメントしてくれているように良いフィールドワークの場になったと思います。

謝さんは今回のインターンシップのチームリーダー的な役割を担ってくれて、チームをよくまとめてくれたと思います。また、経済学の修士生の知見を活かした企業への提案内容は素晴らしいと思いました。今度機会があった際には、謝さんが論文で作成された中国経済についての話を是非聞かせていただきたいです。
謝さんは日本の金融機関への就職を希望されているようですので、今回のインターンシップのように卒業されるまでに色々な方と出会い、見聞を広め、自分の長所を伸ばしてもらいたいと思います。その経験が必ず就職活動、就職後の自身の働き方にプラスの影響を与えてくれると思います。


<これからインターンシップを考えている留学生の皆さんへ>

当金庫のインターンシップに限らず、インターンシップは自分が就職を検討している企業や業種を知る良い機会となります。短い期間ですが、インターンシップ先の方から新しい気づきや社会に出て学ぶ大事なことも得られると思います。是非積極的にインターンシップを活用してみてください。


しずおか信用金庫様、ありがとうございました。

◆インターシップ先の㈱磯駒海苔様よりコメントをいただきました。

<謝さんへのメッセージ>

今回は学生さん達に、弊社HPを自国の言葉へ翻訳してもらいそれをアップロードする作業をしてもらいました。
弊社としても外国人を雇い入れた経験があまり無い為どんな学生さんが来るのか心配していましたが、日本人と変わらない位上手に日本語がしゃべれて安心して仕事を任せられました。
簡単ではありましたが、実際に翻訳してもらった文章をHPとしてアップロードしCN(中国)、VN(ヴェトナム)ページが出来た事は 両者にとって有意義な機会だったと思います。これから日本の企業は必然的に海外へ出る機会が増えていくと思います。留学生の皆さんはその架け橋 となる重要な役割を担うと思っています。
失敗を恐れず頑張ってください。


㈱磯駒海苔様、ありがとうございました。


◆インターシップ先の静パック(有)様よりコメントをいただきました。

<謝さんへのメッセージ>

今回短い期間ではありましたが、弊社として初めて留学生の方のインターンシップを受け入れての実習をさせて頂きました。
1週間前よりお出しする課題をどうするのかを悩みましたが、静大留学生の謝さん・何さん・チャンさんの3名がお見えになった時のしっかり実習をしていこうとの決意あふれる姿・また屈託のない笑顔を目の当たりにさせて頂いた時に、こちらも真剣勝負で接していかなければいけないとの決意がみなぎりました。実習の課題も2つ設けさせて頂いたところ、2つの課題をしっかりと自分の言葉考えで発表をして頂きました。又、実習中、気になる事は何度も質問をして下さり納得をして自信に満ちた内容でしたので、こんな考え方も有るんだと再認識をさせて頂き、とても参考になりました。

<これからインターンシップを考えている留学生の皆さんへ>

今後インターンシップを考えている留学生の皆様、日本には様々なモノづくりをする企業が有ります。そこには必ず日本人特有の考え方・思いが詰まっています。それを学ぶことは人生において必ず役に立つことを信じてこれからも頑張って下さい。
謝さん・何さん・チャンさん、ありがとうございました。


静パック(有)様、ありがとうございました。




◇静岡新聞 平成30年9月29日版に掲載されました◇
 写真提供 静岡新聞社