グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

ローカルナヴィゲーションへ



ホーム > お知らせ > 《留学生からのインタビュー》(公益社団法人)静岡県国際経済振興会(SIBA)様へのインタビュー

《留学生からのインタビュー》(公益社団法人)静岡県国際経済振興会(SIBA)様へのインタビュー


静岡大学教育学部 イクバルさんが(公益社団法人)静岡県国際経済振興会(SIBA)に留学生の就職についてのアドバイスなどのインタビューに 行ってきました!

(公益社団法人)静岡県国際経済振興会(SIBA)のカインさん

留学生が日本企業で働く!順調に働ける秘密


 現在、日本は様々な国から留学生を受入れ、人材を育てています。
しかし、日本で教育を受けたとしても、なかなか仕事を見つけられなかったり、日本企業に採用されても困難に直面し、仕事が長く続かない外国人は少なくありません。このような状況にならないため、留学生はどうすればいいでしょうか?
その答えを明らかにするため、日本企業の国際化を支援している(公益社団法人)静岡県国際経済振興会(SIBA)のカインさんにインタビューをさせて頂きました。

 早期離職を避けるため、留学生はまず、日本企業の視点を理解しなければなりません。カインさんによると、日本の若者の数が少なくなっていくということは、企業が発売した商品を購入する人の数も少なくなるということです。そのため、日本企業は海外に進出しなければなりません。しかし、海外に出るには、海外のことについて詳しい人が必要になります。それで、留学生を採用する企業が増えてきました。


 海外でも生き残るという目的を達成するため、日本企業は次のような外国人人材を求めています。

1. 日本語が出来る人
一般的に、日本企業には英語ができる人が多くはないため、日本語能力が必要です。

2. 母国のことについて詳しい人
日本企業は海外に出るのに、その国の文化や情報が必要です。進出する国に関する知識が詳しい人が必要になります。

3. 自分の意見が言える人
企業は今まで考えられなかったことや新しいアイデアを必要としているので、社員の意見は貴重です。

 しかし、この三つの点を備えていても、日本企業で苦労なく働けるとは限りません。では、留学生の視点から見て、職場で困難を感じるのはどのようなところでしょうか?

一番困難を感じるのは、文化の違いと言語の壁です。

文化の違いで、留学生が初めて日本企業で働いたとき、最も問題になるのは「ホウレンソウ」です。「ホウレンソウ」というのは報告、連絡、相談のことです。日本の会社ではホウレンソウがとても重要です。一つの作業や仕事が終わった後、同僚や先輩に報告し、確認してもらいます。ミスがあった時は、どんなに些細なミスでも、すぐ連絡するのが大事です。

 そして、日本企業では、社員は一つの仕事に縛られているわけではありません。新入社員を一通り全部わかるように育てるのが日本企業の習慣なので、新入社員は自分の担当分野だけでなく、色々な分野を経験することになります。そのため、自分の仕事が自分がやりたいことと異なったり、仕事内容をうまく理解できなかったりするケースがあります。言語の問題としては、日本語の能力が足りないせいで、説明を理解できなかったり、コミュニケーションがうまく取れなかったりすることがあります。

 このような問題を解決するのに、会社側は必ずOJT(On the Job Training)や、説明会など、新入社員を教育するプログラムを用意しています。その中で、最も大事なのがOJTです。OJTとは、一年間、半年間など、決められた期間、新入社員に仕事について教える人をつけるプログラムです。

 最後に、留学生は大学時代に何を準備すればいいのでしょうか?一番大事なのは、コミュニケーションの壁を超えるのに、日本語を身につけることです。その他、自分の専門分野はもとより、日本の社会を理解することも大事です。そのため、インターンシップや見学、会社説明会などに参加することが必要になります。その全てを準備し、自分がやりたい仕事を実際に見学し、自分に合うかどうかを確認することができれば、日本企業で順調に働けるようになるでしょう。

 

イクバルさん

 今回カインさんにお話を伺い、日本企業が求める人材像がわかったことで、将来のためになにを準備すればいいかが見えてきました。留学生のみなさん、企業の状況を理解した上で、学生である間に社会に出る準備をしておきましょう。そうすれば、困難なく働けるでしょう。