グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

ローカルナヴィゲーションへ



ホーム > お知らせ > <私のインターンシップ> チャンホアンティエンキムさん(ベトナム出身)に聞く

<私のインターンシップ> チャンホアンティエンキムさん(ベトナム出身)に聞く


私のインターンシップ ~2021年春休みのインターンシップ~
静岡大学 人文社会学部 社会学科 2年 チャンホアンティエン キム さん(ベトナム出身)
〈インターンシップ先〉(一社)地域振興交流協会

キムさんは今年の春に「(一社)地域振興交流協会」の10日間のインターンシップに参加しました。

「インターンシップの10日間で様々な人と出会い、自分の視野を広げることができました。」と語るキムさんのインターンシップの感想をご一読ください。


私は春休みに(一般社団法人)地域振興交流協会様で10日間のインターンシップに参加しました。
この協会では観光事業と交流事業を通じて、地域の活性化を推進しています。

私はインターンシップの10日間で様々な人と出会い、自分の視野を広げることができました。
また、陶芸、ロゲイニングといった体験を人生で初めてする機会もありました。

インターンシップを通じて、コミュニケーション力が一番重要なことも分かりました。
観光業界ばかりではなく、どの業界においてもこの能力が必要です。

コミュニケーション力で対人関係を構築し、人脈が拡大できるほど、現在、社会において不可欠なものであることを実感しました。

今回のインターンシップをきっかけにして自分の能力の限界をきちんと知って、それに対して改善方法を考えていきます。
自分が一人前の社会人になるための準備の一つとして、このインターンシップは非常に貴重な経験になったと思います。

*ロゲイニングというのは、ナビゲーションスポーツの一つで、地図を使って地図に描かれたチェックポイントに制限時間内にどれだけ回ったかを競うスポーツです。


★★★

キムさん、ありがとうございました。
様々な気づきがあったようですね。今回の気づきや経験を今後の就職活動に活かしてください。
みなさんもキムさんのようにインターシップに積極的に参加しましょう。



【今回のインターンシップ内容】
↓ 以下サイトから資料をダウンロードしてください。