グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

ローカルナヴィゲーションへ



ホーム > お知らせ > 〈受講生からの声〉「自己紹介とこれからの抱負」チンハイキさん(中国出身)

〈受講生からの声〉「自己紹介とこれからの抱負」チンハイキさん(中国出身)


~SCDP受講生からの声が届きました~
静岡理工科大学理工学部 チンハイキさん(中国出身)

静岡理工科大学理工学部3年生のチンハイキさんは今年からSCDPの受講生登録をし、SCDPプログラムに参加をし始めました。

チンさんから自己紹介とこれからの抱負が届きましたのでご一読ください。







 初めまして、私は中国の香港から参りましたCHAN PUIKEIと申します。
現在は静岡理工科大学理工学部の三年生に在籍しており、昔から興味があったシステム工学を専攻しております。

 私が留学先として日本を選んだ理由は日本の文化や技術の魅力に惹かれたからです。
日本はアジアで文化や技術や教育などの方面において世界をリードする国です。
また、私は子供のころから機械の原理と構造に対してとても興味を持っていましたので、日本独自の機械技術を学ぶため、日本に留学することを決めました。

 今、私は自分の研究及び日本で就職するために、日本語能力試験とTOEICで良い成績を取れるように頑張っております。
また、興味のある企業の資料を調べ、できるだけインターンシップに積極的に参加していきたいと思います。
コロナウイルス感染拡大の影響で、日本企業の採用活動が抑えられて、留学生だけではなく、日本人学生の就職率も下がると考えられます。ですから、自分の能力や専門技術、企業が重視するコミュニケーション能力を高めるため、これからの時間を無駄にしないように頑張っていきたいと思います。

 将来はエンジニアになり、日本の基幹産業である自動車産業で「ものづくり」に携わることで、世の中に大きな影響を与えられる仕事をしていきたいと考えています。
自動車業界でシェアを広げている開発の仕事、海外事業の仕事も視野にいれています。
自動車部品の開発に携わりながら、自分の語学力と身につけた専門知識を文化の異なる国々との技術交流にも役立てられるのではないかと考えております。

 これから、日本で就職するという自分の夢を実現できるように、精一杯勉強しようと思います。



★★★
チンさん、メッセージありがとうございました。
皆さんもチンさんのように日本で就職するという夢を実現するために、SCDPプログラムに積極的に参加しましょう!