グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

ローカルナヴィゲーションへ



ホーム > お知らせ > <「第3回インターナショナルミーティング」参加者体験談 2>

<「第3回インターナショナルミーティング」参加者体験談 2>


2月18日(月)19日(火)に開催された「しずおか信用金庫主催、静岡大学国際連携推進機構・ふじのくに留学生就職促進プログラム共催、静岡市、静岡県国際交流協会後援『第3回インターナショナルミーティング』」に参加した留学生からメッセージが届きました。

左 ヒエンさん

2月18日(月)19日(火)に開催された「しずおか信用金庫主催、静岡大学国際連携推進機構・ふじのくに留学生就職促進プログラム共催、静岡市、静岡県国際交流協会後援『第3回インターナショナルミーティング』」に参加した留学生からメッセージが届きました。


グエン ホアン タン ヒエンさん(静岡大学人文社会科学部経済学科 2年 ベトナム出身) 
 大学を卒業した後日本で就職を希望している私は、実際に日本企業がどんなことをしているのか、日本企業の外国人の受け入れ傾向はどうなっているのかを知りたかったので、インターナショナルミーティングに参加しました。
私が見学に行ったのはSUS株式会社と株式会社と青島文化教材社でした。
 SUS株式会社を見学したとき、会社の事情、外国人の受け取れ情報などだけではなく、SUS株式会社が作った商品、アルミニウムフラムを実際に手で組み合わせる体験もできました。また、元留学生で今SUS株式会社で勤めているマレーシア人の方から、仕事の内容の説明や外国人が会社でどう活躍しているのかたくさん伺いました。その中で一番印象に残ったのがこの言葉です。それは「外国人だからこそ、『すごい』と言われるように頑張っていきたい」という言葉でした。自分も大学で学んだ知識をそういうふうに活かして活躍していきたいと思います。
 また、株式会社青島文化教材社にて、普段なら見られない事務所で細かく一つ一つの部門を紹介して頂きました。実際に行なっているパソコンの動作や仕事で使う機械まで見られましたので、現場の雰囲気も分かりました。プラモデルのショールームも見学できてとても楽しかったです。
この見学では、グループ発表の準備や企業との交流によって色々と勉強になりましたので、次の機会にも是非参加したいです。