グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

ローカルナヴィゲーションへ



ホーム > お知らせ > <SCDP集中セミナー参加者体験談> アフメト・グライエ・ジャケトさんに聞く

<SCDP集中セミナー参加者体験談> アフメト・グライエ・ジャケトさんに聞く


『SCDP集中セミナーを終えて』~静岡大学総合科学技術研究科工学専攻 アフメト・グライエ・ジャケト(Caket Guray)さん (トルコ Turky出身)

H30年度 集中セミナー1にて

H29年度 集中セミナー1にて

昨年度に続き、今年度も集中セミナーに受講してくれたグライエさんからコメントが届きました。

「私は静岡大学工学部修士1年生です。自分の研究について日本語で書くのはむずかしいですが、このセミナーで先生方から教えてもらいました。その上、プレゼンテーションの練習もできました。
面接にも役立つと思います。日本で就職するために、このようなセミナーがもっと必要だと思います。」

I am a 1st grade Master student of Shizuoka University. One of the most difficult thing during the job hunting process is to explain your field of study in Japanese language. When I attended this event, the teachers were helping to me about how to write an explanation of my specialty in Japanese language. Besides, we made presentations that were related to introduce yourself, your major and etc. It was highly effective in order to practice your Japanese language ability and for job hunting preparation. Therefore,I think that this kind of events should be repeated more.
Thank you for preparing the event of Shizuoka Career Development Program.