グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

ローカルナヴィゲーションへ



ホーム > お知らせ > 【就職内定者からの声】「就職の経験」ドー・ハー・フォンさん(ベトナム出身)より

【就職内定者からの声】「就職の経験」ドー・ハー・フォンさん(ベトナム出身)より


~就職内定者からの声が届きました~
静岡大学 人文社会科学部 ドー・ハー・フォンさん(ベトナム出身)

静岡大学 人文社会科学部 言語文化学科 4年生の ドー・ハー・フォンさんは、静岡県内にあるIT企業に内定が決まったそうです。

フォンさんから後輩の皆さんへアドバイスが届きました。


喜びの声と就活のアドバイスをいただきましたので、ご一読ください!




【フォンさんからのアドバイス】

みなさん、こんにちは。私は静岡県内にあるIT企業に内定が決まりました。
住みやすい静岡が大好きですので、静岡県での就職にしました。第一希望の会社に採用していただいて本当に嬉しかったです。


私は1年生の時から、SCDPの活動に参加してきました。
静岡県の企業交流会や企業訪問に参加したおかげで、様々な企業と出会い、静岡で働く魅力を感じて静岡で就職したい気持ちが高まりました。

また、SCDPのエントリーシートを書くポイントや面接のマナーなどの講座に参加したため、実際の就職にとても役に立ちました。
さらに、SCDPのスタッフにいつも相談やアドバイスをしていただき、本当にありがたいです。
これは留学生の特権ではないかなと思っています。ぜひみなさんも活用してくださいね。



次に、私が就職活動する中で一番大切だと思った「自己分析」について、みなさんにお伝えします。
会社を選んでから自己分析すると思う人が多いですが、

実は自己分析は最初からした方が良い

と考えます。


就職する前の段階で「どんな会社がいいのか」、「自分がどんな会社に入れるのか」、「あの会社に憧れるが、自分に合っているか」、「どんな職種を志望すればいいのか」と悩んでいる人が少なくないでしょう?

私の場合は、それらの悩みを解決するために、ちゃんと自己分析をしなければならないと考えました。



なぜ自己分析が大事かというと

✓まずは自己分析によって自分にとって正しい決断をするためです。自分に合ってない業界、会社、職種を志望して就職してしまうと、その後の生活がつらいものになり、後悔してしまいます。

✓さらに、自己分析によって、自分の長所・短所・特徴・経験、そして大事なのは価値観を理解してアピールすることで採用担当者に「ぜひ採用したい」と思ってもらうためです。

✓自己分析をしっかりすれば、面接でもエントリーシートに書いた志望動機、長所と短所、将来のビジョンなどの質問に答えやすいです。

だから、最初のステップとして、自分をしっかり理解しましょう。



自己分析のポイント (個人の経験)

✓ 今までの人生、やってきたアルバイト、活動、趣味を振り返って自分の性格や長所や経験などを知る → 大学生活で力を入れた取り組みをピックアップ

✓ 経験を振り返り、人生の大きなニュースから会社にアピールしたいエピソードを考える

✓ 自分の価値観を明確にし、会社を選ぶ基準を決める → 自分にとって仕事をする上で何が一番大切なのか?給料、職場環境、専門知識の応用など?将来のキャリアビジョンは何?自分の基準を踏まえて会社を判断しよう

✓ チームの中での自分のポジション、役割を考える。それから、会社や仕事での自分のポジションを想像してみる → 「どんな会社や仕事に向いていそうか」を考える


自己分析をすることによって、自分の中の人物像が明確になり、もっと自信を持てるようになるでしょう。
事前に分析した自分の性格、価値観、会社とのマッチ度をエントリーシートと面接で伝えればいいです。
そうすれば、嘘をつくことなく、そのままの自分で企業に向き合えてとても楽だと感じました。



留学生にとって就職は日本人学生の何倍も大変だと思いますが、準備する段階でしっかり自己分析をして

「彼を知り己(おのれ)を知れば百戦(ひゃくせん)殆(あや)うからず」

ではないかと考えました。これからの就職を恐れずに、楽しく自信を持ってしてくださいね。



★★★
フォンさん、就職内定おめでとうございます!そしてメッセージありがとうございました。
皆さんもフォンさんのアドバイスを参考に就活をがんばってください!


H30年度 SIBA主催企業交流パーティに参加したフォンさん(左)

R1年度 ふじのくに外国人留学生 インターンシップ成果報告会で優秀賞を受賞したフォンさん