グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

ローカルナヴィゲーションへ



ホーム > お知らせ > 【就職内定者からの声】「内定獲得!4つのアドバイス」Nguyen Thi Hoang Anhさん(ベトナム出身)より

【就職内定者からの声】「内定獲得!4つのアドバイス」Nguyen Thi Hoang Anhさん(ベトナム出身)より


~就職内定者からの声が届きました~
静岡大学 工学部 Nguyen Thi Hoang Anhさん(ベトナム出身)

静岡大学 工学部電子物質科学科 4年生のNguyen Thi Hoang Anhさんは、半導体/デバイスとICTをビジネス領域に持つエレクトロニクス商社に内定が決まったそうです。

Anhさんから後輩の皆さんへアドバイスが届きました。


喜びの声と就活のアドバイスをいただきましたので、ご一読ください!




【Anhさんからのアドバイス】

1. まず、合同企業説明会に参加します! ~合同企業説明会に参加した経験から~


 ・合同企業説明会の選び方
合同企業説明会がものすごく多いので、参加すべきイベントをちゃんと選ぶほうがいいと思います。
参加すべきイベントは自分自身の基準をしっかりもって選ぶことが大切ではないでしょうか。

例えば、理系向けのイベントは製造業が多く集まりますが、文系向けのイベントは銀行、旅行会社、商社が多いです。
東京でのイベントは関東の企業が多く、名古屋でのイベントは東海の企業、大阪でのイベントは関西の企業が多いので、自分の希望勤務地によってイベントを選ぶといいと思います。
イベントに参加する前に、興味を持っている企業が参加するかどうかを知るためにパンフレットやイベントのHPをちゃんと見たほうがいいです。
もう一つは交通費や宿泊費の補助があるかどうかということも大事だと思います。

 ・参加の時期
早めに参加したほうがいいです。
私の場合は、2019年10月からいくつかの合同企業説明会に参加し始めました。
早めに行けば、多くの企業の情報を調べることができるし、企業の早期選考のチャンスがある場合は受けることができるからです。
就活は大体3月から始まりますが、早期選考では、2月~3月の間に内定がもらえると思います。

 ・合同企業説明会でわかること
 企業の基本情報(企業のホームページからも分かる)
 福利厚生・残業時間・残業手当
 留学生を積極的に採用するかどうか
 転勤制度
ただ、合同企業説明会では聞く時間が少ないので、興味を持っている企業があれば、1日でもインターンシップに参加すべきです。

2.企業のインターンシップに1日でも参加します!
企業のワンデーインターンシップに参加して、合同企業説明会で聞きづらいことを全部聞けました。
また、リクナビやマイナビにはない情報も分かり、早期選考を受けることができました。
さらに、注意すべきことは、インターンシップといっても、会社の人が学生を観察して、選考し始めるということです。

3.エントリーシートとSPI受験
自分の経験から、エントリーシートは誠実に書いたほうがいいと思います。
なぜかというと、面接でエントリーシートの内容をもう一度聞かれる可能性が高いので、正直に書いてあれば、エントリーシートの内容を暗記しなくてもいいからです。
また、正直に書いておけば、入社をしてから「ふり」をする必要もなく、自分を飾らないで働けるからです。
私の場合、実はエントリーシートとSPI受験の準備があまりできず、自分のそのままの実力で受けました。

4.面接
1番大事なのは自信だと思います。
私は自信をもって誠実に答えたつもりです。しかし、その前に、自己分析をちゃんとやらなければなりません。
面接の前に準備することは、自己紹介の内容(何回も聞かれるので、言いたいことを準備しておくことが必要です。)、志望動機、キャリアビジョンだと思います。


★★★
Anhさん、就職内定おめでとうございます!そしてメッセージありがとうございました。
皆さんもAnhさんのアドバイスを参考に就活をがんばってください!


H30年度SCDP集中セミナーⅡに参加したAnhさん。(中央)

発表をするAnhさん。