グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

ローカルナヴィゲーションへ



ホーム > 新着情報 > <OBOG交流会参加者レポート>オさん(韓国出身)より

<OBOG交流会参加者レポート>オさん(韓国出身)より


『 日本で就職したい留学生へ』~静岡大学情報学部2年生 オ・キョンテクさん(韓国出身)

静岡大学情報学部2年生のオさんが、OBOG交流会のレポートを送ってくれました。
先輩方のお話には今後の就職活動の参考になるヒントがいっぱいあったようです。
『日本で就職したい留学生へ』

私は静岡大学情報学部所属で、韓国出身のオ・キョンテクです。
2019年11月9日、静岡大学浜松キャンパスで行われた「留学生のための就職支援講座」に参加し、OBにインタビューに伺いました。
先輩方は現在静岡県内の企業に勤めていて、今回のプログラムで自分たちが経験した就職活動や入社後の生活について様々な情報を伝えて下さいました。


Q.自分が経験した就活についてお話しください。

劉さん(中国):私は機械工学を専攻していて、機械とエンジンと関連がある会社に就職したいと思いました。そのため、多くのESを作成し、様々な会社に応募しました。一日でしたが、インターンシップも行いました。面接では、志望の会社について把握することが大事だと思って、会社の資本金や製品、売上などを調べ、面接の基本マナーも身に着けました。

Fahinさん(バングラディシュ):私は最初に自分の研究と関連がある会社を探しました。入社後も考えて、職業に興味がないと会社のシステムなどについて勉強しなくなるからです。今勤めている会社で3ヶ月間インターンシップをしました。インターンシップをしながら得られた経験は正社員になった後の生活にとても役に立ちました。

Danielさん(インドネシア):私は試験の際にESの作成と面接を英語でしてもいいと言われましたが、日本の会社で働きたいという気持ちを伝えたかったので日本語でESの作成と面接を受けました。面接で英語も上手にできますというアピールもしました。


Q.入社後の会社生活について教えてください。

劉さん(中国):ビジネスマナーや電話のかけ方を学ぶ入社教育を1ヶ月半くらいしていただきました。その後、自分が勤めている会社について知るため、4か月間現場で実習を行いました。学生のとき学んだ専門用語はただ一部だけでしたから、仕事をよりうまくするため専門用語の勉強をしています。

Fahinさん(バングラディシュ):私は入社した時、まだ日本語に慣れていないと思って、仲間と自然な会話ができるよう日本語の勉強をしました。日本人と一緒に働きますから、日本語がより自然になりました。

Danielさん(インドネシア):私は入社して3ヶ月間入社教育をしていただき、会社の工場での実習もしました。その後、1年間CS(Customer Service)を担当しました。大多数の顧客は日本人で、日本人とのコミュニケーションに慣れるため日本語の勉強をしました。現在はやりたかった仕事である製品の設計やデザインを担当しています。


Q.後輩に伝えたいこと

孫江明さん(中国):私が学生だった時はSCDPみたいな就職支援プログラムはありませんでした。就職にとても役に立つ活動だとおもいますから、日本の会社に就職しようと考えていたら、ぜひSCDPのプログラムを受けてください。

劉さん(中国):日本で就職することは日本人との競争が不可欠です。競争で勝つためにはやはり日本語能力が大事です。母国語は日本人との競争に有利な点です。面接では、自分の長所と短所、研究内容について相手が理解できるよう準備しましょう。

Fahinさん(バングラディシュ):高いレベルの大学出身者と競争しますから、専門知識と言語能力を高めることが大事です。特に日本語は、会社で先輩や上司とのコミュニケーションのために、そして日本での生活のため自然な会話ができるよう頑張ってください。

Danielさん(バングラディシュ):日本の会社は一人の社員が担当する仕事が多いですから、残業する場合が多いです。自分の国とは違う文化で、入社して2年が過ぎている今もまだ慣れていません。このような文化の違いがどこかにありますから注意してください。


OB/OGの皆さん、どうもありがとうございました。

日本語能力の向上はOB/OGの皆さんが共通に強調した点です。留学生の皆さん、日本語能力を高め、就活で成功するため頑張りましょう。


★★★
オさんのレポートは多くの留学生の役に立つ情報ばかりですね。素晴らしいレポートを送って下さり、ありがとうございました。御協力下さったOBの皆さま、ありがとうございました。

次回SCDPイベントは、12月25日(水)浜松、12月26日(木)静岡にて開催のSCDP集中セミナーⅡです。
みなさんのご参加をお待ちしております!