グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

ローカルナヴィゲーションへ



ホーム > 教育プログラム

教育プログラム



ビジネス日本語

ビジネス日本語 Business Japanese

ふじのくに留学生就職促進プログラムでは、日本での就職活動・就業には「日本語でのコミュニケーションが不可欠である」「日本語学習を通し『日本社会・文化』を理解しようとする姿勢が求められる」との考えから、日本語学習をプログラムの大きな柱とし、全ての受講生の実践的な日本語力アップを目標としています。
同時に、コミュニケーション能力、社会人基礎力、異文化調整力などの育成も必要であることから、教室外での活動も行い、体験を通して、それらを日本語力とともに総合的に育成することを目指します。

日本語能力試験(JLPT)を活用した学習支援

日本語教員が、受講生の就職に向けた日本語学習計画の作成を指導します。受講生自身が日本語能力試験(JLPT)の受験を組み込んだ学習計画を立てることで、自律的・継続的に日本語学習に取り組み、段階的にレベルアップできるように支援します。

ビジネスシーンに求められる実践的な日本語力

連携機関が開催する様々な活動への参加を通じて、「状況に応じ適切にコミュニケーションできる力」「情報を収集・分析しプレゼンテーションやディスカッションをする力」を身につけます。企業訪問や交流会などは、教室で学んだ知識を生かす場、日本人の考え方や企業文化を理解する気づきの場となり、さらなる日本語学習の動機付けにもなります。

日本語教育とキャリア教育の融合

日本語教育とキャリア教育の融合

本プログラムでは、日本語教員、キャリア教員がともに、受講生のプレゼンテーションや日本人との交流の様子を観察します。また、就活のための書類作成や自己紹介・面接の受け方について、それぞれの視点からアドバイスを行います。日本語教員とキャリア教員の協働を通して、多面的な視点を取り入れた留学生の教育・支援の実践にあたります。

キャリア教育 career

ふじのくに留学生就職促進プログラムは、日本での就職活動・就業に不可欠な要素の習得に注力した内容としています。そのひとつがキャリア教育です。

留学生は本国においても就業経験のない者が多く、特定の企業への関心であったり、ただ漠然とした「日本で働きたい・働いてみたい」といった動機での就職活動による苦戦が少なくありません。
根本的な「社会に出ること」を意識し、日本人学生同様に「働くこと」や、さらには「異国である日本で働くこと」までを充分に認識したうえで就職活動に臨んでもらいたいと考えます。
その意識づけも含めて、母国とは異なる、また独特でもある、日本の社会制度や日本企業の特徴や文化を理解するためのキャリア教育や就職ガイダンスを実施します。
学士
  • 会社見学
  • キャリアデザインI(ライフキャリアの考え方)
  • インターンシップキャリアガイダンス
  • キャリアデザインII
  • (日本での社会人生活・日本で働く留学生のキャリア・企業文化)

修士
キャリアデザイン / インターンシップ
共通
  • 就職までのプログラム受講
  • 企業からの講師派遣によるキャリア教育
  • 国内就職した卒業生の講演

全体では、学士4年間、修士2年間を有効に活用した体系的なキャリア教育・就職支援を行っていきます。
個別においても、留学生各人が日本での就職に向けて意識し、キャリアプラン作成に至れるよう支援を行います。
いずれの教育・支援も留学生に特化して実施する、という点が特徴です。
留学生に特化して実施することによって、疑問解消や日本の商慣習への理解が促されます。

また、プレゼンテーションの観察やフィードバック等は日本語・キャリア教員が協働で行うことによる多面的な視点からの就職促進を実施します。